ウテメリンを服用する際は医師との相談の元で

優先順位とは

まず最初にウテメリンを処方される状態であれば、確実にしなくてはいけないのは、医師とどのような食事や生活をしていくべきかをまずは相談するということです。

基本的には妊娠してから16週未満では禁止されているものですから葉酸サプリの一番必要とされる摂取目安の前後2カ月は過ぎていることになります。

それを踏まえると、併用する事に対しての優先順位はウテメリンが、やはり先となります。 毎日継続してきたものを急に辞める事に対して勿体ない、これからも飲みたいと考える妊娠準備をしているママも少なくないでしょう。

もちろん副作用の影響などなく、近所にある産婦人科やクリニックに相談した上でOKであれば、併用すれば良いでしょう。

抱かれている

今ウテメリンを服用している方は注意しましょう

しかし、これが吐き気や頭痛が酷くなったりした時には様子を見ましょう。 そして一日でも葉酸を飲まなかったという日を作ることに対して危険と感じる方もいるようですが、それは実は大きな勘違いです。

まったくこのようなサプリメントを摂取しなくても無事で、健康で元気な赤ちゃんを産んでいる女性は実際にも沢山いるのです。 まずは切迫流産や早産のリスクを少しでも減らすためにするべきことを、しっかりと確実に行っていきましょう。

仕事をしている方は出産に備えて回数を減らしたり休むことも大切です。 何よりもウテメリンという薬を処方されているのですから、葉酸サプリだけでなく何よりも健康をまずは第一に考えなくてはいけないのです。

ウテメリンの副作用には動悸やほてりもあります

無理をして葉酸サプリをウテメリンを服用する際は飲まない

胎児への影響は

切迫流産や早産を抑えるだけでなく、お腹の張りなどを妊婦が訴えた時にウテメリンをすぐに処方する産婦人科はあります。 もちろん子作り前にだけでなく副作用などのリスクは低いものですが、アレルギーなどがある場合は予め注意しなくてはいけません。

また、用法も定められた適量で済ませなくてはいけません。

仮に痛みが酷かったり、調子が悪い時はおなかの赤ちゃんのことを考えてすぐに病院の医師にすぐに相談しましょう。 ウテメリンと葉酸サプリの併用は特に問題が報告されているわけではありません。

ウテメリンの副作用をもう一度見直しましょう

しかし、気持ちが悪い時や胃がむかむかするなどの際は両方を無理をして服用する意味はありません。 元々、悪阻で吐いてしまえば体に吸収しないで出てしまうものです。

あくまで妊娠前後二カ月が目安となっています。 もちろんそれ以前や以降に飲むことが意味が全くないわけではないのです。 日々の生活では摂取しきれない栄養素としてはプラスにこれが働きます。

基本的には妊婦さんは赤ちゃんの分まで必要な成分を取らなくてはいけないというような風潮が最近では強くなっています。 しかし、無理をしないというのが絶対条件であることを忘れないようにしましょう。

どこか二人目に関しては申し訳ない気持ちが

産婦人科の医師の指導の元でウテメリンとの併用を考える

絶対に必須ではない

妊娠しているママにとってウテメリンだけでなく口にするものは全て慎重に選ばなくてはいけません。 特に副作用があるものや胎児への影響が考えられるものは注意しなくてはいけません。

葉酸サプリは医薬品ではありませんので、はっきり言えばそこまで敏感になり過ぎるものではありません。 絶対に飲まなくてはいけないものであれば、そのような指導があるはずです。

ウテメリンの服用は必ず医師と相談をしましょう

ましてや、今は医学が発展し葉酸の存在が認知されたのも最近のことです。 しかし、ウテメリンは副作用は様々報告があります。 お腹の痛みや張り返し、赤ちゃんの動悸が激しくなるなどが報告されています。

これらは自分だけでネットや雑誌などの情報で判断は絶対にしない事です。 担当の医師にしっかりと状況を報告し、適切な選択をしていかなければ、胎児だけでなく母体にも危険が及ぶかもしれません。

他にも状況によってはウテメリン以外の医薬品を口にしなくてはいけない時が、場合によってはあるかもしれません。 もちろん安静にすることが一番ですが、出産に向けて万全の環境を整えていく事は、やはり一番大切なことになります。

リトドリン塩酸塩を配合したウテメリンの添付文書を読む

サブコンテンツ

ウテメリンを飲む前に

まずは個人の判断でウテメリンとの併用を考えるのではなく、大切なことですから病院で医師に相談をしましょう。

このページの先頭へ