リウマチの患者は過剰摂取には注意しましょう

リウマチは自己免疫疾患の一つです。

免疫機能が暴走して、関節の骨が破壊されてしまい、女性の心臓や肺や皮膚などにも疾患が広がることもあります。

進行すると寝たきりになったり、命の危険もある病気です。 リウマチの治療に、抗リウマチ薬のメトトレキサートやリウマトレックスがかなり有効です。

抱かれている

リウマチや関節の痛みに効能がある

鎮痛剤やステロイド剤は骨の破壊は止められません。 メトトレキサートは協力に関節の炎症を抑えてくれます。

メトトレキサートは、最初は数か月たたないと効果が現れないために、ここでは継続して飲むことが必要になります。 効果が現れるのに時間がかかるので、患者の中には効き目がないとあきらめる人もいますが、しばらくたつと、この効果を実感してくるはずです。

しかしリウマチ治療中の人で、メトトレキサートを飲んでいる人が葉酸をとるときには、やはり、できるなら少なからず気を付けたほうがいいことがあります。

また、免疫細胞は常に新しく作られていて細胞分裂がさかんです。 この細胞分裂をするときの地図が、DNAです。 それはつまり、DNAがなければ、新しく免疫細胞はすぐには作られないのです。

そこで、このようにDNAをストップさせることができれば、上手く関節リウマチの進行を止められると考えます。

まずは掛かりつけの医師に相談しましょう

リウマチでリウマトレックスを服用している場合

DNAは核酸によって合成されるので、核酸のもとになる成分が必要になります。 メトトレキサートは葉酸の活性化を防止してくれるのです。 この成分がリウマチの進行を止めるような働きをしてくれます。

治療薬のメトトレキサートを投与される際には、サプリも一緒に投与されることが多いのです。 これは吐き気や肝臓障害などの副作用を起こすことを可能な限り防止するためです。

アメリカの報告では、これを投与されたなかった人のおよそ46%が副作用があったのに比べ、サプリを投与された人で副作用が現れた人は26%という数字だったということです。

これは、メトトレキサートの副作用を抑える有効な効果があるといえます。 しかし、問題はその後です。

温泉などリウマチのケアをしていきましょう

妊娠準備で知られている葉酸サプリにはリウマチの治療薬のメトトレキサートの効能を弱めてしまう効果があるのです。 これはアメリカの報告でもはっきりとしています。

そのために一般的には、葉酸サプリとメトトレキサートは日にちをずらしてとるようにしている医療機関が多いです。 もし毎日のように必要以上に感情にとってしまうと、メトトレキサートの効力が弱まり、それによって治療の効果が弱くなってしまいます。

アメリカの報告ではメトトレキサートの副作用が軽い場合には、この成分をのむことを併用してあえてしないほうが良いとここでは警告しています。

優先順位はリウマチのケアの方が上です

雨以下や海外のリウマチとの関係

アメリカでは、胎児の先天的奇形防止のため、食品に葉酸を添加することを義務付けています。 そのため、リウマチも治療効果が上がらないときには食品を見直すべきだとも言っています。

日本でも、メトトレキサートを飲んでいる人は、この成分の多い食品をとらないようにも気を付ける必要があります。 代表的に多い食品として、レバーや鶏肉、牛肉などがあります。また野菜でも、ブロッコリーや枝豆、モロヘイヤなどが多い食品です。

しかし、食品から頑張ってとる量はそんなに多くありません。

普段の食生活からリウマチの予防をしましょう

食品からの摂取に関しては、担当医師とよく相談することをおすすめします。 リウマチの治療をしている人は、葉酸サプリをとる事は厳禁です。

治療効果がなくなり、病状の悪化につながることもあるのです。 一方全く逆に、妊娠に欠かせないのがこの成分です。

神経細胞の分裂を活発にさせるので、妊娠したい女性や妊娠初期の女性には欠かせない栄養素です。

特に妊娠中に不足すると、胎児の神経系統の細胞分裂がうまくいかずに、二分脊椎などという神経管閉鎖障害につながることもあるのです。

そのため、リウマチには現在では2000年に厚生労働省が妊娠の可能性のある子作り前に女性に対して、このように摂取を奨励する通知が出されています。

葉酸サプリがリウマチの悪化に繋がる?

サブコンテンツ

リウマチが悪化してしまう可能性も

体質によってはリウマチの患者が葉酸サプリの摂取によって状況が悪化した例もあるようです。

このページの先頭へ