いつでも戌の日は良い訳ではありませんが体調を優先しましょう

カレンダーで確認

基本的には妊娠五カ月の戌の日に水天宮に安産祈願のお参りに行き腹帯を貰ってくるというのは、いつから始まったかは正直わかりません。

正式な仕来りや伝統や作法などは、ウィキペディアやまとめのサイトに任せるとしましょう。

抱かれている

戌の日は絶対にお参りしなくてはいけないものでもなくなりました

もちろん葉酸と同様に場所や服装も勉強して、女性は全てをしっかりと大切に丁寧にやっていきたいというのが誰しもが本音です。

しかし、毎年この時期になると安定期の前で少しでも人ごみに行くのは避けたかったりすることもあります。 そういった時は何よりも体調の管理を優先するようにしましょう。

また旦那様だけでなく家族などに付き添ってもらうようにして、どんなに戌の日に暦やスケジュールが合わなくてもです。 それは一人では、ここでは無理をしてこれからすぐには行動しないようにしましょう。

2016年のカレンダーを見て冬などは雨や雪などが降ると、気温も下がり風邪を引きやすくなります。 また混雑している人込みですので、感染症のインフルエンザなどもあります。

こういった妊娠準備の状態であれば、むしろ当然ですが天候によっては無理をすることは絶対に回避しましょう。

もし本当に願いを叶えてくれる神様がいるとしたら、万が一、戌の日の当日にお参りに来れない本当の理由が出てきます。 しっかりとあるのであれば良いのです。 これは普通に考えて確実に後から行ったとしても、それはそれで許してくれるでしょう。

葉酸サプリも同様ですが、伝統やしきたりに拘り過ぎて本当に大切なことを考えましょう。

まずは本来の目的を確実に見失わないようにしましょう。 このようにお守りや腹帯やサプリメントなども沢山買えばよいというものではありません。

水天宮で戌の日に安産祈願と腹帯をゲットするのは予想以上に大変

タイミングを逃して戌の日のお参りを忘れると後ろめたさも

気持ちが大切

何よりも大切なのは無事に元気な赤ちゃんを産むことですが、その際に暦で戌の日に安産祈願をお参りに行く事は伝統として残っています。 日本全国各地でやはり有名な水天宮が存在しますし、やはり平日でもどこも混雑しています。

やはりそれだけこれだけ現代社会がインターネットが発達して一人一台のスマホを保持している時代でも、こういったものは一般的にも子作り前に大切にされています。

とりあえず行っておきたい戌の日のお宮参り

特にこういったお参りなどについてあまり興味がないという場合でもです。 やはりカレンダーを確認して戌の日には腹帯をゲットするためにも足を運んでおいたほうが良いでしょう。 考え方としては葉酸サプリと変わらず、絶対ではないけれど、もし、やらなければ後々何かあった時に嫌な気持ちになるというぐらいです。

もちろんあまり言いたくない事ですがしっかりと良かれと思う事はやったにも関わらず、残念な結果になってしまう可能性もあります。

ただその確率を少しでも減らせるのであれば、このおゆに何か今のうちに赤ちゃんのために出来ることがあるのであればと、まずは考えましょう。

いずれにしても、これが葉酸だけでなくこのような赤ちゃんが生まれるまでの催しは個人の判断の元しっかりと全て行っておいた方が良いと言えます。

仮に自分の子供が大人になったときに、そして運よく赤ちゃんを授かった時に2016年の戌の日やサプリメントの存在を知り何を思うかを考えましょう。

二人目や三人目でも戌の日の安産祈願をしましょう

五カ月の戌の日でなくてもいつでも安産祈願は良い?

日付をチェック

2016年の戌の日のカレンダーをまずチェックして安産ご祈祷をしに水天宮に行きましょう。

もちろん仕事上の都合でどうしてもタイミングが合わない場合は、暦でも当然別の日でも構いません。

水天宮で戌の日にお宮参りをしましょう

葉酸サプリメントと同じ様にタイミングを逃したから諦めてしまうという選択肢は上記の様に長い目で見るとマイナスもあるのでおあすすめはできません。

また初穂料が相場が三千円、御子守帯とう腹帯が四千円程度しますので準備しておきましょう。

今の時代は特に着物を着る訳ではないので母子手帳に居れたり、おなかを冷やさないための腹巻に挟んでおくことが一般的な様です。 いつでも安産祈願をすればよいというものではないですが、やはり戌の日がベターという事になります。

あまりそういった迷信や歴史やしきたりに興味がないという方でも足を運ばなければ当然いけません。 葉酸サプリとは関係なく旦那様の親御さんにしなければ文句を言われたり後々面倒臭いことになりかねません。

兄弟がいると億劫になったり面倒臭くなってしまうこともあるでしょう。

しかし、葉酸だけでなく、こういった戌の日の仕来りや伝統を引き継ぐ意味でも日本では欠かせないものです。

2016年の戌の日のカレンダーをチェックしましょう

サブコンテンツ

水天宮への御礼参りも忘れない

熱心な方は戌の日の安産祈願だけでなく、出産を終えた後の御礼参りも忘れません。 育児で忙しく大変な時期は無理をしなくても良いですが、二人目や三人目を考えている方は足を運ぶようです。

このページの先頭へ