グレープフルーツからも葉酸は摂取する事が可能です

悪阻の時に果物のグレープフルーツはリフレッシュ効果があります。

妊婦さんに必須の栄養素として有名な成分で葉酸サプリが外せないのです。

母子手帳にもその重要性は記載してあり、妊娠初期にこれが不足することで脊椎二分症や無脳症などの先天性奇形が起きやすくなったりします。 これが流産や死産の危険性も高まると言われています。

グレープフルーツと薬物の相互作用について (Ver.090129)

抱かれている

グレープフルーツは飲み過ぎるとよくない?

赤ちゃんは細胞分裂をすることで成長していきますが、その細胞分裂のためには、どうしても必須の栄養素なのです。

また、血液を生成するのにも必要な栄養素で、自然と不足することで赤血球の生成ができなくなるため、身体に必要な酸素や栄養素を送り出すことができなくなります。

赤ちゃんはお母さんの栄養素が命をつなぐ唯一のものですから、まずはグレープフルーツだけでなく、朝晩の毎日の食事も最初に考えましょう。

お母さんの摂取する量が不足すると、これが妊娠準備では必然的に赤ちゃんへ届けられる酸素や栄養素が赤ちゃんの成長に大きな悪影響を与えてしまうのです。

さらに葉酸不足が原因で赤ちゃんの細胞分裂が抑制されてしまい、先天性奇形や流産、死産の可能性がデータ的にも高まってしまうのです。

日本人一人当たりの1日の摂取目標量は15歳以上の男女で200マイクログラム、子作り前に妊婦の場合には倍の量の400マイクログラムとなっています。

これはホウレン草100gで210マイクログラム、春菊100gで190マイクログラムしか含まれていないためです。 これが毎日グレープフルーツや大量の食材を摂取しなければならなくなります。

しかもこのグレープフルーツ以外の葉酸の量は生の状態での測定値です。

気持ちが悪い時はグレープフルーツでリフレッシュ

市販のグレープフルーツジュースでも意味があります

果物のグレープフルーツにも配合されている葉酸は水に溶けやすい性質があるため、調理の時に茹でたり煮たりすると結果はどうでしょうか。 まずは、その含有量は半分程度にまでここからかなり減ってしまいます。

ホウレン草なら、毎日1.5キロを食べなければいけない計算になります。

毎日必要量の葉酸を摂取することがどれだけ大変なことかが良くわかります。

薬を飲んでいる場合グレープフルーツは控える

では、煮たり茹でたりしないグレープフルーツではどのくらいの葉酸を摂取できるのでしょうか。

女性は「グレープフルーツには葉酸が多く含まれている」とは言われています。 グレープフルーツ1個の可食部の平均210gの中に葉酸は約30マイクログラムしか含まれていないため、1日に必要な摂取量に到底足りません。

ジュースで摂取しようと思っても、ジュースの場合には1日約4リットル飲まなければ1日の必要摂取量に届かないのです。

葉酸の摂取は妊婦には必要なことですが、とても大変なことでもあるのです。 そのため、葉酸サプリを利用することを推奨する医師もいます。

少なくてもグレープフルーツの方が美味しければそれでOK

無理をして野菜を食べるよりグレープフルーツでも良い

グレープフルーツだけに限らず葉酸サプリメントならば毎日安定して必要量の摂取が可能になるためです。

摂取しすぎても尿や汗となって体外へ排出されるため、過剰摂取に関しては心配する必要はありません。 「赤ちゃんのためにサプリメントなどの合成されたものは嫌だ」という方もいるでしょう。

まずは食事でしっかりと摂取したうえで、不足分を葉酸サプリメントで補うと良いでしょう。

グレープフルーツジュースの過剰摂取に注意しましょう

妊婦さんに必須の栄養素である葉酸ですが、実は妊娠を希望している人にも摂取してほしいグレープフルーツにも配合されている栄養素です。

妊娠初期に必要な栄養素だと言われていますが、妊娠の発覚が3か月以降になってしまうと、それまでの2か月間にが不足している可能性があります。 本当に必要なときに不足してしまっている場合があります。

さらに摂取することは受精卵の着床率を上げることで妊娠の可能性を上げたり、健康な精子を作る助けをすることで男性原因の不妊の解消にも効果があるとも言われているため、葉酸サプリメントは妊娠を希望している人は男女問わず摂取してほしいものなのです。

お母さん自身の健康のために、そして赤ちゃんの一生を左右しかねない先天性の奇形のリスクを減らすためには必要不可欠な栄養素です。

毎日の食事で積極的に葉酸を含んだ食事を摂りながら、グレープフルーツだけでは補いきれない不足分を葉酸サプリで埋めましょう。 出来る限りお母さんも赤ちゃんも健康な状態を保つようにしたいものです。

食べれる物をグレープフルーツに限らず摂取する

サブコンテンツ

グレープフルーツが手放せない女性も

妊娠中は気持ちが悪くて食事よりグレープフルーツなどの果物系じゃなければ無理だという方も多くいます。

このページの先頭へ